twittertwitter
twittertwitter

治療方針 policy&FAQ

当院では西洋医学にくわえ、東洋医学の鍼灸治療も行っております。

鍼灸治療について

治療方針鍼灸を行う場合は、初めから鍼灸を選択するのではなく、西洋医学的な診断が必要です。それは何故かと言うと、西洋医学は東洋医学に比べて「体質の違いが治療やその効果に影響する事」が少ないためで、西洋医学で充分な回復が無い場合に、それと併用する形で鍼灸などの東洋医学を施す方が、より効果的な回復が期待出来るからです。
実際に椎間板ヘルニアなどでは、はじめに西洋医学的な内科処置をしている方が、鍼灸による治療効果が高くなることが知られています。

統合医療について

統合医療とは、科学的に効果の証明された西洋医学に、漢方や鍼灸のような経験的に医療効果の見込める療法を取り入れた医療のことです。
当院では、西洋医学だけで効果が十分でない場合や、体調・その他の原因で思い切った治療が出来ない場合に、東洋医学やハーブなどの代替療法を行っています。

鍼灸治療のながれ

鍼灸治療は初めての経験という方がほとんどですので、
当医院では様々な方法でリラックスできるように努力しています。

治療方針当院の鍼灸治療が、神戸新聞に紹介されました。
夕刊の一面に院長のコメントが紹介されました。
全国紙やネットニュースにも転載されました。


このページの先頭へ